【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

気学

 気学 歴史

 気学(きがく)とは、約五千年の歴史を持ち、古来より帝王学として伝承されてきた実践哲学である。 気学は中国五千年の知恵と言われ、中国の春秋戦国時代に盛んになった五行説と陰陽説が、後漢の時代になって合体して完成したとされる。 (Wikipedia 引用)

  •  資料末梢
     一説には、遡る事、秦の時代、九気の、修身斎家を設け、その研究にあたらせ、史料編纂を行ったと伝えられる。秦の始皇帝の時代である。

 編纂の最中、秦の始皇帝が、五黄土気の資料を見聞中、始皇帝の顔面は蒼白と成り、怒りが込み上げて、真っ赤に成ったそうである。怒りを顕わにし、事の重大さと、思ったのかは、定かでは無いが、自分自身の、身の事と思いますが、この上もない速さで、収監、処理。

 五黄土気斎家の主の、親類、縁者、知人、知古、友人等、この、五黄土気斎家に、縁の有る全ての人達、乳飲み子までも、一粒の種も残さず、抹殺しました。

 酷い話です。勿論、五黄土気の、全ての資料は、焼き尽くされ、その時の、資料は、全く有りません。だから、現在に至っては、五黄土気の、現象、及び、雑象の資料が少ないのです。

 明治以降の気学者たちが、研究に、統計的に、揃えた資料の基に、五黄土気の現象や、雑象を判断の材料として、活用させて頂いています。先輩諸氏に、感謝申し上げます。

 故に、五黄土気の善用に、些かの、不安有りと考えています。何処の、気学団体に於いても、一緒だと思います。

 残念ながら、始皇帝おも、揺るがしたと言われる程の、方位現象は、未だに、解明が出来てイマせん。謎です。

 凡そ、四、五千年前、元々は、中国の帝、神農伏義が実践し、巧みに、納めたと、語り継がれている。

 次に、尭舜(ぎょうしゅん)時代、鬼門遁甲術(気学)を用いて、民を安らかにした。

 夏王の時代、大禹九年の洪水、復興の際、黄河の流域より神亀を得、その体甲を観て、大悟せりと伝うもの也。

 また、不作で困っている民たちに、井田法(せいでんほう)により、これを治めたと在る。


 日本における変遷

 五行

 効能 効力

 「気」の存在



認証コード(8416)


このページのトップに戻る

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional