【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

日参修業法の作法

 日参修業法の作法

1.日の出と共に、吉方位の決定地へ、出発する。出発する前に、腕時計や、タオルを
  忘れずに。必ず、トイレも済ませる。

2.決めた、日数の修業法なので、その期間中、1日たりとも、雨や、雪が降ろうと、
  嵐であろうと、休日は、有りません。故に、外泊が出来ません。

3.約20分間の、道のりですが、他人に、話しかけたりしてはいけません。会釈する
  程度で、立ち止まっての、会話はしないで、ただ、黙々と早足(競歩よりは遅く
  て良い)で、目的地へ向かいます。早足が大切です。

4.最初に決めた、吉方位の決定地までの、その期間中に於ける、コース変更は無し
  です。その期間中、トラブルが発生した場合は、直ちに、中止して下さい。

  トラブル・・・・・鳥、猫、タヌキ・・・等、動物の死骸確認

           コースに於ける、工事の為、完全なる、道路横断の掘り起こ
           し、切断に遭遇

           危険が迫っています。直ちに、中止。強行してはいけませ
           ん。次の機会を待ち、挑戦しましょう。

5.目的地へ到着。到着したならば、その場所で、休息し、【気】に触れる事、約
  20分間、【気】を保蓄する。

  休息の20分間・・ベンチが在れば、瞑想、読書、柔軟体操(動いてても可)
  ・・・等、其処場所に、20分間とどまり、【気】に触れ、【気】を保蓄す
  る事が目的です。

6.帰宅する際には、その場所内で、必ず、丸に近い『石』(球体でも可)を拾って
  帰る事。修業日数が40日ならば、『石』は、40個、集まる筈です。

7、同じコースで帰宅する。帰宅途中、お金を拾います。また、ボールも拾います
  ので(極端に、コースを変更しない事)持ち帰り、集めておきます。また、遠く
  に有るボールは、敢えて、取りに行かず、見るだけでも、効果は、有ります。
  丸は、お金の意味が有ります。

8.行きも帰りも、同じ道を使います。帰宅時も同じく、早足(競歩よりは遅くて良
  い)で、帰宅します。寄り道は、禁止です。約20分で帰宅。1日の修業終了で
  す。

  持ち帰った、お金や、ボール、『石』は、神棚か、高い場所に、半紙を敷き、
  修行日数(満願成就の日)が、終わるまで、其処に安置しておく。

  修業期間が終了したならば、集まった『石』は、4等分に分け、布袋を用意し、
  『石』を入れ、家の四隅に、置くか、吊り下げ、お守りとする。
  
  お金や、ボールは、近くの神社に、奉納する。または、ボールだけは、保育園
  や幼稚園等に、寄贈する。


・・・・万が一、不成功に終わった時の、『石』は、敷地の北側に、散敷きして
     下さい。ボールや、お金は、上記と同じく、取り扱って下さい。


このページのトップに戻る



認証コード(5942)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional