【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

孟母三遷の教え

 孟母三遷の教え

Yahoo!辞書 - 1月3日

 『孟母三遷の教え』   孟子の母は、子供の教育に適した環境を選んで居所を三度引っ越したという故事。
故事:「古列女伝-母儀・鄒孟軻母」 初め墓所の近くに住んでいたところ、孟子が葬式の真似をして遊ぶので市中に引っ越した。今度は商売の真似をするので学校の近くに引っ越した。すると礼儀作法を真似たのでそこに居を定めた。

デジタル大辞泉の解説.

孟母(もうぼ)三遷(さんせん)の教え 
《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母は、はじめ墓場のそばに住んでいたが、孟子が葬式のまねばかりしているので、市場近くに転居した。ところが今度は孟子が商人の駆け引きをまねるので、学校のそばに転居した。すると礼儀作法をまねるようになったので、これこそ教育に最適の場所だとして定住したという故事。教育には環境が大切であるという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。三遷の教え。

故事成語

孟子(もうし)の母は、孟子(もうし)を育てる時に、三度も引っ越しをした。はじめ墓地(ぼち)の近くに住んでいたが、孟子(もうし)が葬式(そうしき)のまねばかりするので、町の市場の近くに引っ越した。すると、今度は商売のまねばかりして遊ぶので、今度は学校の近くに引っ越した。すると、孟子(もうし)はここでは生徒のまねをして、本を読んだり、文を書いたりして勉強をするようになったので、やっと、ここを住居としたということから、この語ができた。
(列女伝 れつじょでん)

殆どの解説が、列女伝よりの引用解説です。

 この説明では、環境論のみが、表現されている様ですが、これで本当に、孟子なる、儒学者、賢者が生まれるのだろうか? 疑問が残るところで有ります。

 気学に於ける「孟母三遷の教え

一.同気相合う

解説・・・同じ【気】同士は、自然と馬が合う「類は友を呼び、友は、類を呼ぶ」との
     意味。「自分が変わると、周りが換わる」。

二.【祐気】は、【祐気】のみの軌(みち)に走り、【尅気】は、【尅気】のみの軌
  (みち)を追う。

解説・・・+波動を得た者は、+波動の路線に乗り、-波動を得た者は、避けようと
     しても、必ず、-波動の路線に乗り込む。

三.一度【祐気】を用得れば、自ら無意識に、二度、三度、之を累(かさね)、一度
  【尅気】を用得れば、自ら無意識に、二度、三度、之を積む

解説・・・一回でも、+波動を得た者は、自然に、無意識に、二回、三回と、+波動を
      累積し、一回でも、-波動を得た者は、自然に、無意識に、二回、三回
      と、-波動を蓄積する

四.幸運時代は、求めずして、愈々(いよいよ)、幸運を生加(せいか)し、不幸時代
  は、戒慎(かいしん)注意して、又々不幸を累招(るいしょう)する。

解説・・・幸運時代は、求めずとも、【祐気】効能の連鎖(れんさ)と成り、不幸時代
     とは、-波動の連続で、どんなに、砕身注意して、守りを堅くしても、奈落
     の底へと引き摺り込まれる

五.【祐気】より、【尅気】に赴(おもむ)くは、易(やす)く、【尅気】より、【祐
  気】に赴(おもむ)くは、難(がた)し。

解説・・・+波動の路線から、-波動の路線への、乗り換えは容易であるが、-波動の
     路線から、+波動の路線への、乗り換えは、ある程度の時間を必要とし、
     困難である。又、五黄殺を三度以上、犯した人は、二度と、+波動の路線
     の、移行は、望めない

六.回向は、敬神篤信(けいしんとくしん)の士(し)のみ、之を能(よ)くす。

解説・・・神を敬い、篤く信ずる士は、必ずや、回向の、心、天に通ず、【気】の存在
     を信じ、【気】存在の研究、実践する者だけが、修める事が出来、悟りを得
     る、又、他者の利益のために回(めぐ)らす【気】を発する。

七.回向して、【尅気】より、【祐気】に転向し、亦(また)、旧の、【尅気】に、断
  して戻らざるを期(き)するには、【祐気】を用いる事、継続して、三度を用す。

解説・・・-波動より、+波動へ、転向する場合、又は、過去の、-波動を絶ち切る場
     合は、+波動の取得を継続して、3回、必要とする。

八.孟子の母が、孟子の為に、その住居を、三度遷(うつ)せしとは、之を指す、即
  ち、「孟母三遷の教え」である。「孟母三遷の教え」とは、19歳以下の幼少
  の時に、【祐気】三度を用いる者は、自ら、尅道に陥(おちい)る事無く、生
  涯処世安易の天導に、歓喜するに至るべきを教示するものとす。

解説・・・「孟母三遷の教え」とは、孟子の母は、孟子の為に、19歳以下の幼少時
     代までに、3度の【祐気】(+波動)方位を採るために、3度の引っ越し
     をした。この、3度の【祐気】の保気(蓄積)により、自分から、【尅気】
     の道に落ちず、生涯、処世安易の、天導歓喜の、人生を送る事を教えている。

 孟母三遷の教え」は、気学的考証では、この様に、解説されます。


このページのトップに戻る



認証コード(6956)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional