【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

天の気 地の気

  •  天の気

 「天の気」とは、天より、降り注いで居ると、されているの事です。

  •  地の気

 「地の気」とは、地下より、上昇していると、されているの事です。

 天の気と地の気の接点は、45cm前後~90cm前後とされていて、我々が、就寝する高さ、床の高さを和室建築上、45cm前後~90cm前後を目安に、建てられています。気学原理を参考にしたものと、推測されます。

 これは、寝ている時に、天の気と、地の気との接点で、就寝する事により、人体のバランスを取る事に成ります。

天の気、地の気の関係図

 近年、ビルディング病なるものが、増えていますが、階上高い、云わば、高層マンション暮らしの人や、高層ビルのオフィスの高さに有ります。

 これは、「地の気」の不足と考えられます。もしも、木造建築様式で、高層建築物であれば、「地の気」の上昇を、可也の違いで、期待する事が出来ます。

 人体に対する、寝起きの理想は、木造平屋に有り、家相に於いては、二階、三階建てで有っても、一階の家相(間取り)を、理想の家相にして、二階、三階は、自由な間取りを選択できます。

 二階、三階以上の、階上には、家相の現象は、未だに、報告は有りません。故に、二階、三階以上の、階上には、自由な間取りで、お構いなしと成ります。

 この事により、ベットよりは、布団での、寝起きの方を理想とします。「地の気」が不足しますと【不眠症、苛立ち、ヒステリーや、疲れやすい体質】の様な、普段の生活に、異常な現象が起こり易く成ります。

 年寄りは、一階に住んで頂き、二階、三階は、若者とすれば、理想的です。

 自然動物界に於いては、「地の気」の利用は、常識であり、日常の光景の中で、以前は、見る事が出来ましたが、犬や猫達の、行動を観察していると、土を掘り、丸く成り、蹲っている光景を観た事が有りませんか?
 
 地表をコンクリートや、アスファルトで固めた、この様な、環境整備されていない時代の話です。今の子供たちでは、見る事の出来ない光景かもしれません。

 犬や猫達が、土を掘り、丸く成り、蹲っている光景ですが、実は、具合が悪い時に、その様な行動に出ます。「地の気」を利用し、自然治癒力を高め、病気療養中の、時なのです。

 人間界に於いても、医者がいない時代では、あらゆる自然界の物を利用し、逞しく、進化、発展して、現在に、至っています。この気学も、自然の方位法則を統計学的に、編纂し、実践をして、結果を出す。

これが、気学の目的です。故に、実践哲学と言われます



認証コード(1836)


このページのトップに戻る

 

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional