【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

九星割り出

 九星割り出しの部屋

 太陽暦 (たいようれき)と、太陰暦(たいいんれき)との比較

  •  太陽暦(グレゴリオ暦)とは、世界的標準使用の暦、カレンダーを言います。
  •  太陽の運行に基づいて定められた暦法。
  •  気学で使う暦は、太陰暦を使用します。
  •  月の運行に基づいて定められた暦法。
  •  現在、気学で、使われているのは、太陰太陽暦が、正式名称です。
  •  以下、太陰暦とします。


 太陰暦でのルール

 現在、使われている、カレンダーは、太陽暦です。
太陽暦では、現在のカレンダーの1月1日~12月31日までの間を一年間とします。一年間の始めは、1月1日が、年始です。

注・・・・ココが重要、ココをしっかり、理解して下さい。

太陰暦では、現在のカレンダーの、2月4日~翌年の2月3日までの間を一年間とします。太陰暦での、年始は、「立春」2月4日と成ります。

 気学では、こちらの、太陰暦を使用しますので、ここの処は、慎重に、お願いします。

  1.  例・・・2010年2月4日~2011年2月3日までとなり   庚寅 八白土星

  2.  例・・・2011年2月4日~2012年2月3日までとなり   辛卯 七赤金星

  3.  例・・・2012年2月4日~2013年2月3日までとなり   壬辰 六白金星

平成23年度年盤

 2011年度の年盤を掲載しました。
この意味は、中宮、真ん中にある星を観て、七赤金星の歳と、称します。

 「辛卯」(かのと う)は、干支(かんし)と、称されるものです。
十干(じゅっかん)と、十二支(じゅうにし)を、組み合わせたものに成ります。

 この、「辛卯」は、これから先、59年間は、暦の上には、出現しません。60年目に出現します。この干支が戻って来るのが60年目に成るので、還暦(かんれき)と、言われます。



認証コード(8117)


このページのトップに戻る

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional