【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

お土採り作法

生土と穢土

 お土採りの方位の選出は、「お水採り」と同じです。「お水」と、「お土」違いだけです。

 祐気方位表は、全ての、方位選出に、使用出来ます。必要であれば、無料で、配布します。必要な方はこちらから配布します。

 気学での、「お土」は、【生土】(しょうど)【穢土】(えど)とに、区別されます。

【生土】・・・・・地表より深さ1m以上の土を【生土】として、珍重し、その「お
          土」を採用します。


下図は、【生土】を彩土する最良の方法

彩土の仕方の図


【穢土】・・・・・穢れた土地の事を【穢土】と言います。

          古戦場跡や、死刑場、お墓や、産業廃棄物の埋葬現場等は、【穢
          土】と、見なします。
          
          又、敷地などで、凹んだ土地は、【穢土】です。その家には、発
          展が有りません。噂では、安土城の敷地が、凹地では無いか
          と・・・?

 お土採り作法

 基本的には、「お水採りの作法」と同じです。但し、お土採りなので、黒色か、色の付いたビニール袋に入れ、段ボール箱等で、持ち帰り、太陽光線を遮断するように、心がけて下さい。

 彩土するときは、必ず、お水採りの作法に従い、「お土採り」をして下さい。『マントラ』も、必要です。

保管場所は、家の中の、冷暗所に、保管する。

 使用する際は、袋より、取り出し、木綿の袋に入れ、その水分が出入りできるようにして下さい。また、小さいビニール袋等で使用する場合は、口は開けたままで、結んではいけません。

 「お土」使用法

1.お守り袋・・・・・用意が出来ましたら、お守りとして、持参します。乾燥した
           ら、取り替える。

2.布団での使用・・・袋を厚手の木綿製(キャラコ、天竺木綿等)で、作成し、
           広さは、30㎝~50㎝程度の面積で、厚さは、3㎝程度で良
           い。
           それを敷布の下に、入れて使用する。「お土」の水分が、伝
           わる様にする。
           但し、冬は、直接な、お布団での「お土」の使用は、冷た過
           ぎますので、避けた方が良いでしょう。
   
           乾燥したら取り替える。

3.ベットでの使用・・彩土した容器(段ボール、ポリの容器等)のまま使用します。
           但し、鉄製は、不可とします。
           口を開け、ベットの下へ、設置します。表面が、乾燥するの
           で、「お土」の、表面が乾燥したら、表面だけを削り、湿気た
           部分を表面に出し、そのまま使用します。
      


【公的場所での設置の注意事項】

 病院・介護施設・老人ホームの様な、公の場所での設置は、予め、医師、看護師、介護士等、責任者との話し合いの基に、設置して下さい。トラブルが無いように、話し合いが必要です。

 病院・介護施設・老人ホームでの「お土」は、ベットでの使用法と同じです。 


乾燥した「お土」は、「お水」と同様に、自宅の周りに、散敷きするか、鉢物の土壌として使用して下さい。

 無暗に、捨てる事は避けましょう。


このページのトップに戻る


気学 実践教室に戻る


認証コード(2799)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional