【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

お土採り


 お土採り

 猿田神社は古くより交通安全の守護神として近隣に知られた存在です。
創建は第11代垂仁帝25年(紀元前5年?)に鎮座されたと言ふ伝承が残り茨城県南部をも含む周辺地域一帯476ヶ村の総氏神として崇敬されております。

猿田神社参道鳥居

 神社に参拝せんとする者は境内参道途中に『先神橋』と称する総武本線を越える煉瓦製橋梁を通ります。

 此れは、明治30年(1897年)6月1日に銚子駅まで延長される際に路線選定上、神社境内を通過せざるを得ない状況が生じ、此の為に、総武鉄道が当時としては極めてハイカラな煉瓦橋を建築し神社に寄進したもので100年以上経過しているにも拘らず周囲の光景と溶け込んだ貴重な存在です。

 本殿は天正2年(1574年)に再建された桃山調のもので千葉県の有形文化財に指定されております。

 又、境内に存在する鬱蒼とした森は大東亜戦争末期に代用航空燃料『松根油』原材料用に正に伐採直前に終戦となった為に自然が残り現在では、千葉県の天然記念物に、指定されております。

 尚、千葉県は明治維新の際に神仏混合の風が現在も色濃く残り、猿田神社は仏滅の日は休みとなるので注意して下さい。

 上記が有名な「お土取り」の猿田神社です。


 神社での、「お土取り」や、パワースポットと言われている場所での「お土取り」の紹介が在りますが、大変なブームと成っています。其れはそれなりに、効果があるように思えます。
 
然し、気学で言う「お土採り」とは、かなりの隔たりがあります。

気学 実践教室に戻る

このページのトップに戻る



認証コード(0106)

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional