【人の 吉凶は 動より 生ず】

 贈り物 贈り物の手引書 お買い物の手引書 相性 吉方位 運気上昇 運勢上昇 お手伝い 開運引受人 

FrontPage

 今日:11  昨日:15




この度、平成28年(2016年)熊本地震で亡くなられた方々に哀悼の意を捧げますとともに、被害にあわれた皆様に心より

お見舞い申し上げます。

被災地の方々におかれましては、一日も早い復旧がなされますことをお祈りいたします。

紫翠会ロゴ


 2016年 平成28年 年盤


画像の説明

平成28年2月4日より平成29年2月3日まで

上記の九星年盤となります

 11月 月盤 11月7日~12月6日

画像の説明 

 

紫 翠 会


ご 挨 拶


 ご訪問有り難う御座います。このサイトの目的は、下元の時代 西暦1984年~2043年(昭和59年~平成55年)間を中心に、書いています。

 過去の事件は、教訓として、忘れる事無く、このサイトは、未来を見据えた、人生計画を設計するためのサイトです。

 訪問者の方々は、御存じの通り、過去は、どんなに引き寄せようとしても、過ぎ去りし日々や、時間は、絶対に戻らないのです。ならば、未来を明るくするための手段として、実践哲学、気学の真髄に触れられる事をお勧めします。


【未来は 計画的に 変えられる】


計画的に、未来を変えるには、幾つかの条件があります。



第一は、目標を思考し定める

第二は、目的を定め、天運の時を知る

第三は、陽運期を知り、目標に向かって、策事を進める

第四は、陰運期を知り、守備時を知る

第五は、次標思考し策定する

上記の方法は、ほんの、一例にしか、過ぎません

 応用編1


§ 実 践 哲 学 思 考 編 §

第一 「目標を思考し定める」とは


 職業、学業、就職、趣味、新規事業、独立・・・等、個人、一人、一人に、それぞれの目的が有りますが、そのいずれを目標にし、定める。
 定めるに当り、職業の場合、趣味が、反映できる職業を選ぶのがベストと言われています。

天業⇒⇒⇒⇒⇒⇒趣味からの職業は天から与えられし、職業と解釈しています。

私業⇒⇒⇒⇒⇒⇒生活生計の為だけの職業と解釈しています。


 趣味を完成させるには、個人の気学九星(以下九星とします)が、西に回座した時から、始める事をお勧めします。趣味の完成の域を観ることが出来ます。九年に一回、九星は、遁甲し、回座します。

 人生、十年の計は、個人の九星が、艮(うしとら)に回座した時、十年後の、在るべき姿を目標と掲げ、いつも目に掛かる所に、貼り出し、目標を忘れる事無く、努力をする。

--------------------------------------------------

気学九星

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星

五黄土星

六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星

--------------------------------------------------

九星定位盤

画像の説明 

 応用編2

第二 「目的を定め、天運の時を知る」とは



 人生、俗に言う、「3度のチャンス有り」と言われます。この事は、人生、一生の間に、天が、運気の後押しをしてくれる時を指しています。必ず、全ての人に、その、3度の、大チャンスが訪れます。


 九星によって、その時、それぞれに、大チャンス、天運の立ち上がる時期が3期に、別れています。その3期とは

初年運    中年運    晩年運


上記の、3年運の、何れかに、帰属します

気学九星とは、生年月日により、年星 月星 日星とに、九星が、決まります。それら、それぞれに、九星盤を割り当て、年盤、月盤、日盤としますが、天運の決定には、年盤の九星を用います。



初年運・・・20代 30代 40代の3度の天運チャンス


初年運九星⇒⇒⇒三碧木星 四緑木星


中年運・・・30代 40代 50代の3度の天運チャンス


中年運九星⇒⇒⇒一白水星 九紫火星


晩年運・・・40代 50代 60代の3度の天運チャンス


晩年運九星⇒⇒⇒二黒土星 五黄土星 八白土星 六白金星 七赤金星


上記の、何れかの、運気に、触れるのであれば、時機到来として、天運のチャンスを生かし、大きく、羽ばたいて下さい。

但し・・・チャンス到来とはいえ、闇雲に、攻撃を仕掛ける事は危険です。攻撃を仕掛けるには、ルール(法則)有ります。陽運期を知る必要が有ります。


又・・・陽運期のチャンスが、無くなったとしても、運勢は保たなければなりません。ただ、その時が、チャンスであり攻撃の時であると言う事です。陽運期以外での運勢を保つ事の方法を知る必要が有ります。

 応用編3

 

第三 「陽運期を知り、目標に向かって、策事を進める」とは

人生に於ける、運勢の周期律は、九年間で1サイクルとします。
還暦とは、十干、十二支を組み合わせ60年で1サイクルと成ります。



九年間を二つに分けると、陽運期と、陰運期とに、分かれます。

陽運期・・・4年間攻撃の時

陽運期の攻撃の時とは・・・新事業、再就職・・・等、新しい何かを始めたい時を攻撃の時と考えます。
但し、新築や、新事業所建築の場合は、陽運期であっても、施主や、事業主等、最高責任者の九星が中宮に遁甲した場合は、これを行う事を禁じます。(絶対禁止令)



4年間の陽運期・・・坤宮 震宮 巽宮 中宮 の4年間

上記の宮に遁甲在泊した時に、天運の攻撃の時を迎える時が来ます。
それ以外の、遁甲在泊した時は、苦労、失敗、倒産・・・・等に、追い込まれます。


画像の説明

【気学的発展の定義】


 一般的、発展の目安は、右肩上がりの事業発展曲線を指したり、階段を登るがごとくに、一段一段発展して行くことが、発展だと勘違いされている、事業主が居られるのではないかと思います。勿論、個人に、於いても、そうではないでしょうか?

 気学に於いての、発展の定義は、一度でも、気学祐気作戦、祐気(有益な方向)攻撃を実践した場合、線気のルールに従い、膨張という現象の、連続で、発展の波が、追従してきます。勿論、二度、三度と、仕掛けますが、重ねた、祐気の、多重現象で、更に、大きく、膨張現象を発顯させ繰り返して来ます。

 表裏一体という言葉がありますが、逆に祐気では無く、尅気(不利益な方向)、知らない間に、尅気を実践した場合は、線気のルール無くして、奈落の底へと、引きずり込まれてしまいます。何をやっても、上手く行かない現象も、尅気現象の一つです。

絶対に、避けなければいけない、凶殺方位

尅気・・・・六大凶殺

五黄殺方位
暗剣殺方位
本命殺方位と的殺方位
歳破殺と月破殺

小児殺

陰運期・・・5年間守備の時

陰運期の守備の時とは・・・新事業、再就職・・・等、新しい何かを始める事を休止する。運気下降線の時であり、堅固なる、守備体制に、入ることを勧めます。
但し、守備の方法は、自分自身の九星が、兌宮に遁甲した場合、気力体力共に1/3減少します。その為、その対策をとらなければなりません。また、艮宮に、遁甲した場合は、「十年の計」の目標計画を明示をしなければなりません。と、この様に、遁甲した宮により、心構えが必要です。堅固なる、守備があっての攻撃です。



5年間の陰運期・・・乾宮 兌宮 艮宮 離宮 坎宮の5年間

画像の説明


画像の説明



 土 用(ど よう)


現在、土用期間では、有りません







次回は、平成29年1月17日7時40分~2月3日



緊 急 事 項









【お買い物相性の広場】は、開館に成りました。

 

 現在【お買い物相性の広場】は、開館です。


 












「もしご不明点などございましたら、どんなことでも結構です」

「どうぞご遠慮なく、こちらまでお問い合わせ下さい」

 



簡単ホームページ作成Quick Homepage Maker


最後に



 最後までの、ご購読有難う御座いました。ご購読頂きました、あなたの、ご開運と、ご健康と、ご幸運を、ご祈念いたします。有難う御座いました。

追伸

下記の言葉、信じますか?

「果報は、寝て、待て」?????・・・色が変わっていたら、クリックしてみて下さい。リンクしています。


紫翠会ロゴ



認証コード(2066)


このページのトップに戻る


Google


訪問者総数:20260  今日:11  昨日:15


タイトル



イベント屋 スキームへリンクします

気学へリンクします

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional